k31.jpg


改名は条件さえ満たせば誰でもできるものですが、一番苦労するのが「証拠集め = 通称名の使用実績作り」です。



既にあなたは通称名が使える場所を探して、手紙や郵便物などでコツコツと改名の準備をしているかもしれません。



でも、それってかなり非効率ですよね。



「改名は時間がかかるもの」「少しくらい時間がかかってもいい」と思っている人もいるでしょう。



ですが、実は改名ってそんなにゆっくりしていられない現実があります。
下手すれば、一生改名できなくなるでしょう。



ここでは「今なら間に合う」超効率的に改名準備ができる方法を紹介します。



僕も最初からこの方法を実践していれば、数年間も苦労せずに早く改名できたのかな〜と思います。



早い人だとちゃちゃっと証拠収集して1ヶ月足らずで改名できる人もいますよ。



通称名が殆ど使えない現実に危機感を持って!



ka1.jpg


個人情報に厳しい昨今、どんどん通称名が使える機会が減り、社会生活で大人も子供も通称名を使うことができません。



最近はスマホの普及でポイントカードですらネット登録(ネット会員)だけで済んだり、署名が不要なカードが増えましたよね。



ka4.jpg


そもそも通称名の使用実績なんて郵便物(ネット通販や手紙)くらいしか作れないのが現実。



通称名の使用実績が"まともに作れない"ことは、改名する上でかなり危機的状況です。



それなりに使用実績がないと、家庭裁判所は申し立てすら受け付けてくれません。



つまり、通称名が使えないとゆうことは、改名が許可されるかどうか以前に、改名の準備ができず、申し立てすらできないってことです。



ですが、簡単に信憑性の高い通称名の証拠作りをして、最短期間で申し立てができる方法が一つだけあります。



それが「驚異の改名戦略」です。



わざわざ苦労して時間をかけなくても、簡単に超効率的に最強の証拠集めができますよ!



超効率的に最強の証拠集めができる方法とは?



驚異の改名戦略は、単に通称名の使用実績が作れるわけではありません。



通常のやり方では絶対に不可能な、銀行口座、クレジットカード、身分証明になるパスポートだって、通称名で取得できてしまいます。



kaimei2.jpg


改名(通称名の使用実績)で重要なのは、いかに信憑性の高い証拠を集めるかです。



郵便物やポイントカードなどはいくらでも通称名を使えるので殆どの人が活用しますが、簡単に通称名が使えるものは、本当に普段から通称名を使っているのか、どうしても証拠としての信頼度は低くなります。



でも、身分証明なら信頼度は別格!



社会的に公に認められた形で、正式に通称名で生活している証拠になります。



身分証明以上に信憑性の高い有利な証拠はこの世にありません!



あなたは既に通称名で生活を始めているかもしれませんが、信憑性が極めて低い、手紙やポイントカードで必死に使用実績(証拠)作りをしたところで、改名が認められるほど審査は甘くないのです、、



あなたが審議官の立場ならどうでしょう。



ポイントカードや手紙よりも、身分証明や公的機関の証拠を揃えている人の方が、「本当に普段から通称名を使っているんだな」と、信用できますよね。



おまけに、社会生活のほとんどの場面で通称名が使える最高のメリットもあるので、通称名が使える場所を必死で探す手間がなく「通称名を使いたい」とゆう説明すら不要。



コソコソしなくて済むし、人目を気にすることもなくなります。



正式に改名の許可が下りるまでに過ごす期間も、何の苦労も引け目も感じずに過ごせます。



しかも、通称名の使用期間が長くなるほど証拠能力も必然的に高くなるので、まさに「最強の証拠集め」ができるのです!



赤ちゃんや子供に特化した戦略も網羅



ka7.jpg


最近は子供の改名が増えていますが、成人とは違う、未成年の子供や赤ちゃんに特化した証拠作りが必要です。



改名は、如何に今の名前が社会生活で支障をきたしているのかを、客観的に証明する必要があります。



これが赤ちゃんや子供の場合は、社会生活自体が乏しいため、どんな支障が出ているのか具体的なエピソードがなかったり、名前による社会的な不都合を証明するのが困難なんですよね。



でも、「あるもの(周囲の協力が必要)」を用意するだけで、簡単に客観的に証明することができ、改名の必要性を訴える有力な証拠作りを可能にします。

  

「驚異の改名戦略」では、子供の改名戦略として紹介されていますが成人にも使える方法です。



しかし、驚異の改名戦略には欠点が、、



ka5.jpg


驚異の改名戦略は強力な証拠を集める方法として紹介していますが、最短改名プログラムでもあります。



超効率化した証拠集めができるのだから、効果的な申し立てを行えば誰でも最短改名ができます。



ですが、正直、最短期間での改名が実現するかどうかは人によります。



もちろん、3週間や1カ月足らずで改名許可を得た人がいるようですが、改名は審議官の裁量が影響するので、違法なやり方をしても100%改名できる方法はありませんから、驚異の改名戦略も同じことが言えます。



”あくまでも一つの手法でしかない”のです。



驚異の改名戦略は、効率性を最も重視した最短で改名を実現する方法でもありますが、手っ取り早く最強の証拠集めができることが最大の強みです。



驚異の改名戦略であなたはこうなる!



ka06.png


公的に通称名をほぼ本名扱いにして生活ができる


通常のやり方では不可能ですが、通称名を「公的に」使用できます。たとえば、パスポートのような身分証明を通称名で作れば、学校や職場などでわざわざ通称名の説明や使用許可を得る手間が省けますよね。ほとんどの場所で改名していないにも関わらず、本名扱いで通称名での生活が可能です。改名の準備段階で今の名前(戸籍名)から解放されますよ!



証拠作りで迷わない


通称名の身分証明があれば、病院、銀行などあらゆる場所で通称名を使い放題!通称名が使えるかどうかを気にする必要がなくなるので、赤ちゃんから社会人の大人まで、何の苦労もせず、ストレスなしで楽に証拠作りができます。



悩まずに改名ができる


どんな証拠を集めればいいのか、どんな風に申し立てを行えばいいのか、正しい知識を持ってあなた一人で効率的に自力改名ができます。



改名したいなら急げ!



ka3.jpg


今後、ますます個人情報の取り扱いは厳しくなるでしょう。



まだ記憶に新しい「ベネッセの個人情報流出事件(約48000万人もの個人情報が名簿業者に売却)」を見てもわかりますが、個人情報は莫大なお金になり、あらゆる犯罪に悪用されています。



個人情報保護が厳しくなることは犯罪から守ってくれる反面、改名したいあなたにとっては脅威です。



通称名が一切使えない社会状況になれば、改名することは実質不可能になります。



これは将来的な話ではなく、




もう既に、そんな時代に突入していることに気付いてください。




「驚異の改名戦略」だって、いつまでも通用するような裏技や魔法ではありません。



時代に左右なれない「最強の証拠集め」ができる唯一の方法ですが、"現段階"での法律や規定に従った方法を戦略にしています。



つまり、驚異の改名戦略の有効期限は、




法律や規定が通用する期間
||
今だけ!!




この世に改名に関する専門書はなく、弁護士ですら改名の依頼や相談を拒否します。



既に改名について書籍やネットで調べていると思いますが、あなたが本当に欲しい情報はありますか?



素人では法律や裁判所の実情など「非公式で正確な情報」を入手するのは不可能ですし、「何が正しい情報」なのか判別できないですよね。



情報化社会の今の時代なら簡単にネットで調べることができそうですが、どれが正しい情報なのかを判断する以前に情報自体が枯渇しているので、改名の知識を得ること自体がかなりハードルが高いです。



ネット情報に惑わされず、正しい改名の知識と情報が入手できるのは、後にも先にも「驚異の改名戦略」だけ。



「驚異の改名戦略」なら、わざわざ苦労しなくても、有益な正しい情報が全て手に入りますよ。



改名で悩んでいるなら、「驚異の改名戦略」が手に入るこの機会を賢く活用してくださいね。



改名の裏技?!「としの独自特典」のご案内



これから改名するあなたを応援したい!
そんな気持ちから、当サイト経由で"驚異の改名戦略”を入手された方だけに、ささやかですが「としの独自特典」をプレゼント中!



※ 公式サイトなど当サイト以外のリンク先(URL)から入手された方にはお渡しできません



今だけの期間限定のつもりなので、予告なく配布を打ち切ります。(_ _)



kt1.png
  • 改名理由に合った証拠の集め方
改名はその理由に沿った証拠作りが大切です。「異性と紛らわしい」「難読でよく間違われる(キラキラネーム)」この2つに効果的な使用実績の集め方がわかります。
  • 全ての改名理由に効果的な書類
大人から子供まで全ての改名理由に共通する効果的な書類があります。
  • 超重要な必須の疎明資料
驚異の改名戦略で抜け落ちている超重要な必須の疎明資料(証拠)があります。この資料があればマニュアル通りに集めた証拠の信憑性がより高くなり、逆にないとせっかく集めた証拠が無意味になってしまう可能性も!
  • 赤ちゃん(子供)の改名をアピールするコツ
赤ちゃんの改名は名前を使う機会が圧倒的に少なく改名理由の説明が不利になります。そこで改名の必要性をアピールするコツと、申立書に絶対に書いてはいけない文言を紹介!


この方法は"驚異の改名戦略"に書かれていない有力な情報です。



少しでもお役に立てれば幸いです。



■ 確実に特典を受け取るための注意点



「としの独自特典」は、当サイト経由(当サイト内のリンク)で入手された方だけにお渡ししています。



スマホやパソコンのCookie機能を有効にして公式サイト(驚異の改名戦略)にアクセスし、手続き画面で下記画像の表示がされていれば、特典を受け取ることができます。
当サイトを経由せず、直接、公式サイトにアクセスして手続きを行った場合は特典をお渡しできませんのでご注意ください。



>>Cookie機能の動作チェックはこちら



kaimeitokuten.jpg
※PCとスマホでは表示方法が異なる場合があります


当サイト限定!
>>独自特典付き!ゼロから始める「驚異の改名戦略」の詳細はこちら



当サイトに寄せられるよくある質問



驚異の改名戦略に関するよくある質問をまとめました。



  • どんな内容なの?

驚異の改名戦略は、戸籍改名の手引き書(改名マニュアル)です。改名に関する基礎知識、準備編(証拠の集め方)、不許可になった時の対策、子供(未成年)向けの戦略など、徹底された内容であらゆる情報が網羅されています。


  • どうやって入手するの?

PDF(電子書)をダウンロードして、スマホやパソコンで閲覧します。


  • 「としの独自特典」は他ではもらえない?

申し訳ないのですが、当サイト経由でしか特典をお渡しすることができません。当サイトを経由せずに、直接、公式サイトから手続きを行ったり、Cookie機能が有効でないと「としの独自特典」は付帯しないのでご注意ください。

>>「としの独自特典」の受け取り方法の詳細はこちら