子供の改名成功ポイント


子供(未就学児、園児、小学生)の改名成功にはある期間中であるモノを入手できるかがカギです。



子供の改名は大人とは違う「子供だからこそ有利になる理由」があります。



ここでは幼稚園(保育園)や小学生に向けて書いていますが、未成年の子供にも当てはまるので参考にしてくださいね。



改名は何歳から?赤ちゃんでもできるの?



赤ちゃん、小学生、中学生など、年齢制限はありません。



ただ、改名自体は何歳でもできますが、自分で改名の申し立てをする場合は満15歳以上と年齢制限があります。



満15歳未満の場合は、親族などの代理人が申し立てを行います。



未成年の子供の改名を決定づけるモノがある!?



改名は結局のところ、年齢に関係なく、子供も大人も同じで通称名の使用実績が重要です。



ただ、幼稚園(保育園)や小学生など、子供の場合は、効力のある決定的な証拠作り(使用実績)ができる絶好の機会があります。



ある決定的な証拠作りとは、卒業証書です。



km3.jpg


通称名だけで卒業証書を発行するのは難しいですが、通称名と本名が併記されているもので大丈夫です。



子供だと幼稚園(保育園)、小学校、中学校など節目がいくつかあり、卒業証書は幼稚園(保育園)なら3-4年間、小学生なら6年間と、長期間に渡って通称名を使った証拠になります。



通称名で通って通称名の卒業証書が入手できれば、改名が許可される可能性が高いです。



卒業証書を通称名で書いてもらうために、入学前(入園前)に予め学校側に事情を話して、通称名の使用許可をもらいましょう。



戸籍名で入学してから「やっぱり通称名を使いたい」と思っても、他の生徒や教員など周囲を混乱させてしまうので、使用を許可されないことがあります。



なによりも、在学中にいきなり通称名を使い始めると、周りの目が気になったり居づらく感じてしまうので、通称名で入学するのがベストです。



ただ、通称名を使用した証拠が卒業証書だけだと少なすぎるので、成績表や提出書類など通称名が書かれたものをしっかり集めてくださいね。



未就学児や1歳未満の赤ちゃんの改名をお考えの方はこちら
>>赤ちゃんの改名は簡単!?大人よりも有利な理由



ただし、高校生以降は要注意



km3-1.jpg


高校や大学だと通称名の使用許可が得られない学校もあるので注意してください。



つまり、子供の改名は義務教育の期間がポイントです。
保育園、幼稚園、小学校、中学校であれば比較的、通称名での通学が認められる傾向です。



数年間と時間がかかってしまいますが、幼稚園(保育園)や小学校など入学時に通称名で通学して、卒業証書が入手できる卒業のタイミングで改名の申し立てを行いましょう。



改名は時間がかかりますが、「今しかできない!最短期間で改名する方法」なら、手っ取り早く改名準備ができます。



年齢に関係なく、通称名を使った"身分証明"のような最強の証拠集めができるので、学校や社会生活で通称名の使用許可を得られない、、とゆう状況にもなりません。



まとめ



学生のうちに改名しておくと、その後の影響が少なくなるし何かと楽なので、改名するなら早いに越したことはないでしょう。



子供の改名は卒業証書が一つのポイントですが、「これさえあれば必ず許可される」とゆうものではないので、そこはお間違えのないようにしてくださいね。